Windows

Hotmailを2段階認証にしたらメールソフトで送受信ができなくなった場合の解決方法

2段階認証のイメージ

Hotmail(ホットメール)アカウントを2段階認証にすると、通常の設定ではメールソフトでの送受信ができなくなります。

私も以前Hotmailを2段階認証にしたら、メールソフト(Outlook 2016)での認証ができなくなり困った経験があります。

今回、その対処法をお伝えしたいと思います。

Hotmailは2段階認証にすると特定のアプリではアプリパスワードが必要になる

アプリパスワード
Hotmailを2段階認証にした場合、2段階認証に対応していない特定のアプリで接続する場合、Microsoftが発行する「アプリ パスワード」が必要になります。

このアプリパスワードに関してMSNのサイトには

一部のアプリやデバイス (Xbox 360、Windows Phone、その他のデバイス上のメール アプリなど) では、2 段階認証用のセキュリティ コードがサポートされていません。そのような場合は、アプリ パスワードを作ってサインインする必要があります。
引用:Microsoftサポート

と書かれています。

ちょっと小難しい言い回しですよね。簡単になるよう私流にリライトすると、

Hotmailなどが使える便利なMicrosoftアカウントを2段階認証にした場合、特定のアプリではあなたが設定したパスワードが無効になるよ。

だからMicrosoftがアプリで認証に使えるアプリパスワードを発行するから、このアプリパスワードを使ってアプリにログインしてね。

という感じでしょうか。

では、そのアプリパスワードをどうやって取得するのでしょうか?

以下で解説していきます。

アプリ パスワードの取得方法

Microsoft アカウントのトップページ
Microsoft アカウントにログインします。→Microsoft アカウント

Microsoftアカウントトップページ
ページ上部の右側にあるセキュリティのページに移動します。

高度なセキュリティ オプション
高度なセキュリティ オプションの箇所をクリックします。

アプリパスワード
画面のかなり下のほうにアプリ パスワードを発行してくれる「新しいアプリ パスワードの作成」と書かれたリンクがあるので、クリックします。

16桁のアプリパスワード
小文字のローマ字16文字で生成されたアプリパスワードが発行されます。コピペするなどして、メモ帳などに保存しておきましょう。

Outlook 2016の設定画面
発行してもらったアプリパスワードを、お使いのメールソフト(画像はOutlook 2016)のパスワード欄に入力して終わりです。

以上でアプリパスワードの取得手順は終わりです。

ここで発行してもらったアプリパスワードを今まで使っていたパスワードの代わりに入力すれば、2段階認証にしたHotmailもメールソフトでの送受信ができるようになります。

もし、これでもメールソフトでHotmailの送受信ができない場合は、設定そのものが間違っている可能性があるので見直して見ましょう。以下で解説します。

Hotmailを送受信するための基本設定を確認する

Hotmailをメールソフトで送受信するための設定は時々変更になります。

2021年5月現在の設定は以下となっています。

POP受信設定

写真はOutlook2016のpopサーバ設定画面です。
ホットメールのPOPの設定

popサーバの設定

POP サーバー名: pop-mail.outlook.com
POP ポート: 995
POP 暗号化方法: TLS
パスワード: Microsoftに発行してもらったアプリパスワード
チェックを入れる: このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要
チェックを入れない: セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要

POP送信設定

写真はOutlook2016のSMTPサーバ設定画面です。
ホットメールSMTPの設定

SMTPサーバの設定

POP サーバー名: smtp-mail.outlook.com
POP ポート: 587
POP 暗号化方法: STARTTLS
チェックを入れない: セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要
チェックを入れる: 送信(SMTP)には認証が必要です

IMAP受信設定

写真はOutlook2016のIMAP設定画面です。
IMAP設定

IMAP受信設定

POP サーバー名: imap-mail.outlook.com
POP ポート: 993
POP 暗号化方法: SSL/TLS
パスワード: Microsoftに発行してもらったアプリパスワード
チェックを入れない: セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要

IMAP送信設定

写真写真はOutlook2016のIMAP設定画面です。
imapの送信設定画面

SMTPサーバの設定

POP サーバー名: smtp-mail.outlook.com
POP ポート: 587
POP 暗号化方法: STARTTLS
チェックを入れない: セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要
チェックを入れる: 送信(SMTP)には認証が必要です

まとめ

2段階認証にしたHotmailをメールソフトで送受信する方法は以上となります。

最後に注意事項となりますが、このページで解説したのはMicrosoft系フリーメール

  1. @outlook.jp
  2. @hotmail.com
  3. @live.com
  4. @msn.com

を2段階認証にした場合の設定方法です。

有料版Office365 メールはPOPサーバーの設定が違うので、以下の表にまとめました。

outlook.office365.com 993 TLS
smtp.office365.com 587 STARTTLS

フリー系メールと有料系メールではPOPサーバーの設定は違いますが、2段階認証にした場合アプリパスワードが必要である点は同じです。

有料系メールのPOPサーバー設定に関しては、MicrosoftのサポートページPOP、IMAP、STMP の設定が詳しいのでご覧下さい。

Hotmailを2段階認証にしたらメールソフトで送受信ができなくなった時の解決方法は以上となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

参考になれば幸いです